クレジットカードおすすめ研究室

不景気のなかお金管理や節約や投資など未来のために
色々と模索する人が増えています。
大げさではなくクレジットカードは使い方次第で
非常に便利にお得に使うことができます。
その中で一つ上げられるのがクレジットカードがおまけ的な
役割で付けているポイント還元です。
このポイントについては付与されるポイントを知るで詳しく
案内させて頂きますがクレジットカードによってはまったく
付いていなかったり見せかけのポイント(うまくお得になるように見せているだけ)
の詐欺までではないですが、知った時ガッカリするものがあったりします。
クレジットカードおすすめ研究所では、クレジットカードのことを
知り尽くした管理人がお勧めのものだけを紹介します。
いきなりクレジットカードをお申し込みすると失敗する可能性もあるので
うまく参考にしてもらえると嬉しいです。
ある程度クレジットカードのことを知っている方は“人気ランキングで選ぶ”で
当サイトおすすめのクレジットカードを参考にしてみてもいいと思われます。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの種類って多すぎてどれにするか悩みますよね。
だからクレジットカードのおすすめ研究所が情報サイトとして成り立つ
わけですが、種類が多いのには理由があるんです。

まずクレカというものはどういう仕組みで成り立っているのかを
考えると以下の4者による取引で形になっているものです。

1.ブランド
2.クレジットカード発行元
3.加盟店
4.クレジット利用者

順を追ってご案内します。

1.ブランド

ブランドとは日本のブランドを含めるとまた多くなってしまうのでそのあたりは説明しませんが
一般的に国際ブランドとよばれているものがあります。
5大ブランドと言われているのが以下となります。
「VISA」「MASTER」「JCB」「AMERICAN EXPRESS」「Diners Club」
一番たくさん利用されているのがVISAになります。 最近では世界通貨なんて呼ばれたりもしてますね。 この中でJCBは唯一日本の会社が運営するブランドです。
一昔前までは、このブランドに関して言うと国的に利用がしずら ということもありましたが最近では結構いろいろな国で普及しているので2枚くらい作っておけばほぼどの国でも使えると思います。 2枚持ちとしてはVISAを1枚とその他を持つ感じですね。

2.クレジットカード発行元

国際ブランドと提携してカードをその会社やサービス名で 発行するところをクレジットカード発行元と一般の人には呼ばれています。 5大ブランド直のクレカもありますが、最近では直ではなく 発行元が独自に作ったポイントなどと掛け合わせたお得カードが 多く登場しているのでそういったクレジットを作る人が多いですし そういったクレジットカードの方がおすすめできます。

3.加盟店

加盟店とは飲食店や何かの洋品店などの「お店」です。お店さんが5大ブランドと提携して、そのクレジットカードを 利用できるようにしているのです。加盟店は意外と知られていないのが、クレジットカードの利用がある場合は手数料をブランド側に支払う必要があります。 利用する側はその手数料を基本的には支払う義務はなく、ブランド側 は手数料を取ることを原則として違反としているようです。 ただ、実際の所は違反しているお店があることも事実と言えるでしょう。 クレジットカードの手数料ではなく何かと理由をつけて手数料をとる お店もなきしもあらずというのが現状のようです。

4.クレジット利用者

いうまでもなく、クレジットカードを使う我々のことですね。
上記3者がいることによりようやくクレジットカードを便利に 使うことができるのです。

クレジットカード関連情報

クレジットカードの参考になるサイトと知っておくべきクレカの情報を共有させて頂きます。

最新クレジットカード比較.NET - クレジットカードを目的別に選ぶなら非常におすすめ できる比較サイト。基礎知識としても、サイトの管理人が答える教えてポン子(Q&A)やクレジットカードで 非常に理解するのに時間がかかるポイントプログラムの分析などが充実しているサイトです。

「ストップ!クレジットカード現金化」キャンペーン | 消費者庁 - クレジットカードのショッピング枠を悪質利用の現金化という悪の犯罪について消費者庁が注意喚起 しているページです。知らなかったでは危ないので要チェックしておいてください。

優良な債務整理専門家の選び方 - 上で 紹介している通り、クレジットカードの現金化は絶対にやってはいけません。もしもお金に困っている場合は 債務整理という選択もありますので、債務整理の専門家を探すなどの方法を考えてみてください。